介護サービス事業

介護保険制度について

介護給付サービスの種類と内容

在宅サービスの種類
種類 内容
居宅介護支援 ケアプランを作成するとともに、サービス提供事業者との連絡調整を行います。
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
ホ-ムヘルパ-が家庭を訪問し、入浴、排せつなどの身体介護や調理、洗濯、掃除などの家事援助を行います。
訪問入浴介護 浴槽を自宅に運び入れて入浴の介護を行います。
訪問看護 医師の指示に基づき看護婦などが家庭を訪問し、看護を行います。
訪問リハビリテーション 医師の指示に基づき理学療法士や作業療法士が家庭を訪問し、機能回復のための訓練を行います。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師などが自宅をを訪問し、療養上の管理および指導を行います。
通所介護
(デイサ-ビス)
デイサ-ビスセンタ-に送迎し、食事、入浴、機能訓練などのサ-ビスを行います。
通所リハビリテーション(デイケア) 老人福祉施設、病院などに送迎し、理学療法など医療としてのリハビリを中心として食事、入浴などのサ-ビスを行います。
短期入所生活介護
(ショートステイ)
介護の必要な人を短期間、特別養護老人ホ-ムなどに預かり、入浴、排せつ、食事などの日常生活の世話を行います。
短期入所療養介護
(ショートステイ)
医学的管理が必要な人を短期間、老人保健施設や病院などの医療施設で介護します。
特定施設入所者
生活介護
有料老人ホ-ムなどに入所している人に、施設が介護サ-ビスを提供します。
福祉用具の貸与・
購入費の支給
車いすやベッドなどの福祉用具を貸し出します。また、入浴や排せつなどの福祉用具の購入費を支給します。
住宅改修費の支給 自宅の段差を解消したり、廊下に手すりを付けたりするなど支給限度基準額(上限20万円)の9割を改修費として支給します。
施設サービスの種類
種類 内容
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
対象:常時介護が必要で在宅生活が困難な寝たきりの高齢者など
機能:生活全般の介護を目的とする施設で、他の施設に比べ介護職員が手厚く配置される。
介護老人保健施設
(老人保健施設)
対象:入院治療の必要はないがリハビリ、看護、介護等を必要とする高齢者など
機能:家庭への復帰療養を目的とし、リハビリ施設や職員が充実している。
介護療養型医療施設
(療養病床)
対象:慢性疾患等で長期の療養を必要とする患者
機能:病院などに設置され、治療を目的とするため、他の施設に比べ医師や看護職員が手厚く配置される。
地域密着型サービスの種類
種類 内容
夜間対応型訪問介護 夜間の定期的巡回による訪問介護と、通報による随時対応の訪問介護サービスを提供します。
認知症対応型通所介護 認知症対応型のデイサービスセンターに通い、入浴、排せつ、食事などの介護や、機能訓練等のサービスにより、心身の機能の維持向上や、認知症の進行の予防などを図ります。
認知症対応型
共同生活介護
(グループホーム)
9人以内のグル-プによる共同生活を通して、入浴、排せつ、食事などの日常生活の介護を行います。
小規模多機能型居宅介護 「通い」を中心に、利用者の様態や希望に応じて、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせて、入浴、排せつ、食事など日常生活上の介護、機能訓練などを行います。