沿革

2006年、創業100周年を迎えさらなる飛躍の第一歩を踏み出しました──。

1906年に「吾妻薬舗」として創業し、「クスリの東」として親しまれてきた同社は、1996年に社名を「東七株式会社」に変更し、2006年に創業100周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様方のご愛顧によるものだと大変感謝いたしております。

東七基本理念の「地域密着」「健全経営」「人財教育」に一層力を注ぎ、地域医療と地域経済に貢献する企業としてさらなる飛躍の第一歩を皆様方と共に踏み出していきたいと思っています。

またこれからの高齢化社会を迎えるにあたり、医薬品の販売だけにとどまらず、介護用品の販売、レンタル業務にも力を入れ、総合ヘルス・コーポレーションとしての展開を図ってまいります。

1906年 明治39年9月12日、初代東七太郎IMAGE→は、 日露戦争の勝利の興奮が残る
佐世保の中心街相生町に「吾妻薬舗」を創業。
1936年 昭和11年2月11日、紀元節の日に二代目七太郎IMAGE→が「合名会社東七太郎商店」を設立。
1945年 昭和20年6月28日、佐世保空襲により相生町社屋焼失。 戦後帰還した社員とともに、栄町を拠点とし、得意先へ供給を開始。 相生町に新社屋を設けるIMAGE→までには7年もの歳月を要しました。
1959年 戦後の高度成長期に日本が沸きあがっている昭和34年、長崎に出張所を開設。
以後、昭和35年に伊万里、41年に福江、49年に大村、56年には佐賀に進出。IMAGE→
1963年 三代目、東優一郎が社長に就任。IMAGE→
1976年 コンピューターNEACシステム100Eを導入。 IMAGE→
東七の伝統と経験に革新を調和させる試みを開始しました。
1986年 創業80周年を迎え、三代目社長、東優一郎は会長に就任。
かわって東陽三郎が四代目社長に就任。 IMAGE→
電算機もグレードアップし、オンライン・データベース化でいっそうの機能充実をはかりました。
1988年 CI活動「ACE90」スタート。「東七メディカルニュース」配布開始。
JD-NET(医薬品業界データ交換システム)開始。「ACE委員会」発足。
東七グループ・シンボルマーク制定。
1990年 「ACE90」をCI計画の一環として、合名会社から株式会社に変更。
呼称を「TOSHICHI」に統一し、21世紀へ向けた新しい企画イメージを発表し、
得意先、地域、業界から注目される。
1991年 第2次ACE委員会が発足。
新しく早岐営業所も誕生し、さらにネットワークが広がりました。
1996年 創業90周年を迎える。
これを機に社名を「株式会社東七太郎商店」から「東七株式会社」へと変更。
ACE委員会の流れを受けつぐ「プロジェクト夢現大」が発足。
1997年 五代目、東勇太郎が社長に就任。IMAGE→卸機能の強化として、「社内ネットワークシステムの構築」「CTI(受注システム)導入」「汎用コンピュータからPCサーバへ移行」等のIT化や、配販分離の実施経営相談体制の充実等を行ってきました。
また社内的にも、執行役員制度を取り入れるなど組織体制づくりも行ってきました。
2006年 創業100周年を迎える。IMAGE→
「これからの100年も健やかな100年に」
得意先・地域に貢献するため、医学・薬学関連情報の提供や福祉関連事業への参入、充実したサービス展開を目指すことを常に考え、時代の流れに即応したフレキシブルな企業活動を軸に「健康文化を創造する総合ヘルス・コーポレーションTOSHICHI」として、新たな可能性に挑み続けます。
2008年 株式会社メディパルホールディングスと業務提携。
2014年 六代目 東幸三が社長に就任。五代目社長の東勇太郎は会長に就任。