東七株式会社 ホーム | インフォメーション | 東七ブログ | 東七リレーブログ【第八弾】@スペイン

東七ブログ

東七リレーブログ【第八弾】@スペイン

2017年1月25日

東七社員旅行リレーブログ第8回は入社16年目、顔はメッシ似、身体はクリスティアーノロナウド、

大村営業所2課の城間浩平が担当します。

スペイン1.JPG

私は6月17日から6月22日まで

「福岡空港就航記念!フィンエアで行くスペイン6日間」の旅に行ってきました。

 

数ある旅行先の中で私がスペインを選んだのは、私がメッシに似ているからではなく、

420年前に私が住む大村市かつての大村藩が

天正遣欧少年使節を派遣した国の一つのスペインを訪れ

先人の足跡を探りたかったわけでもなく、

14年前に新婚旅行で妻が強く行きたがっていたスペインを却下、

独断でNFLの試合を見に行くと決めサンフランシスコとラスベガスに一方的に決めたことに関し、

今でもねちねち小言を言われ続けたためです。

14年後に社員旅行という形ではありましたが連れて行くことができて本当によかったと思います。

 

皆さんはスペインと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

サッカー、闘牛、フラメンコ、バル、イベリコ豚、

パエリア、ピカソ、ガウディ、スリが多いなどでしょうか。

折角スペインに来たので全ては出来なくてもたくさん、色々な体験をしたいですよね。

短い行程の中、貪欲に行動して少しでも成長して帰国したいと思います。

 

スペインへは福岡空港から5月8日に就航したばかりのフィンエアでフィンランドヘルシンキ空港へ。

イベリア航空に乗り換えいざマドリッドへ 所要時間18時間の長旅でした。

時差はマイナス7時間です。

スペイン2.JPG

 

21時過ぎにマドリードの中心部にあるホテルに到着しました。

その日はEURO2016でスペインがトルコに3-0で勝利し一晩中町は賑やかでした。

初日は移動の疲れでホテルの周りを少し散策して就寝しました。

 

2日目午前中は先ほども出てきた天正遣欧少年使節も訪れた世界遺産スペインの古都トレドに向かいました。

大聖堂など町全体が博物館と言われるところです。

スペイン3.JPG

お昼はパエリアをいただきました。

スペイン4.JPG

午後はオプションツアーで美術館巡りや世界遺産のセゴビアの水道橋や

ディズニー白雪姫のお城のモデル古城アルカサルを各々楽しんだようです。

スペイン5.JPG

スペイン7.JPG

私はピカソの「ゲルニカ」が飾っている美術館がホテルの近くにあったのでそこでピカソを鑑賞し、

マドリッドの百貨店へスリに要注意の地下鉄に乗り、細心の注意を払いながらショッピングに向かいました。

 

夕食はイタリア料理のバルにてスペインの発泡酒カバを楽しみました。

スペインは昼が長く夜の10時近くまで明るかったです。

スペイン6.JPG

3日目午前中はマドリッドの市内の観光名所をめぐり、

プラド美術館で教科書に載っていたような有名な絵を堪能し、

世界最古のレストラン「ボティン」にて子豚の丸焼きをいただきました。

スペイン8.JPG

午後からは高速鉄道に乗り次の都市バルセロナへ向かいました。

スペイン9.JPG

その日の夜はフラメンコを鑑賞しました。情熱の国オーレオレ!

スペイン10.JPG

楽しかった旅行の最終4日目はバルセロナ市内が一望できる、オリンピック会場の丘へ。

スペイン11.JPG

私たちがスペインに着く3日ほど前に雨が降ったらしく、

街路樹の葉っぱも雨で汚れが落ちとてもきれいだとガイドさんが教えてくれました。

地中海性気候で冬以外はあまり雨が降らず夏は乾燥し日差しが強い特徴があるそうで、

日本と比べると気温は高いですが体感では涼しいといった感じでした。

梅雨時期の日本から来た我々にとってはとても贅沢な時間でした。

 

街中に点在するサグラダファミリアに代表される

天才建築家ガウディの作品の数々を見て、

世界人気観光都市ランキングで常に上位に名を連ねるのも納得の街でした。

スペイン12.JPG   スペイン13.JPG

 

スペイン14.JPG   スペイン15.JPG

午後からはオプションツアーでサッカーチームFCバルセロナのホームスタジアムカンプ・ノウへ。

スタジアムの中に博物館があり、たくさんのトロフィーやスパイクが飾ってありました。

サッカーファン垂涎のお宝の数々を拝見させていただきました。

残念ながら週末にラグビーがあるらしくサッカーゴールではなくラグビーポールが設置してありました。

スペイン16.JPG

スタジアムツアーも終了し父親へお土産を買い忘れていたので

バルセロナの百貨店へ向かい、いざお金を払おうとしたその時、

なんということでしょう、旅行期間中肌身離さず掛けていたバッグがないではありませんか!

見事にすられてしまいました。

高い技術力に驚きです。なぜか震えが一時止まりませんでした。

 

被害

現金50ユーロ

クレジットカード2枚

ナイキのバッグ

 

闘牛以外、イメージできるスペインの楽しみを味わえたのではないでしょうか。

とても満足できるスペイン旅行となりました。